ヒプノセラピーとは



ヒプノセラピーについて



『 全ての答えは、あなたの潜在意識の中にあります 』



では、どうやって潜在意識から、その答えを見つければいいのか?
ヒプノセラピーは、催眠状態を利用することで
普段はなかなか表面に浮かんでこない自分の心の深いところ・・・
潜在意識につながっていきます。

セラピストの誘導で、心も体もゆったりとリラックスしながら
潜在意識につながっていったとき・・・
あなたの潜在意識が、今の自分が気づかなきゃいけない
大切なことを感じさせてくれます。


ヒプノセラピーは、自分の潜在意識とつながることにより
あなたご自身で気づきや答えを受け取っていきます。
誰に言われるのではなく、あなた自身で感じるからこそ 深い気づきを得ることができるのです。


誰の潜在意識の中にも 『今の自分をより良くしていこう』 という 素晴らしい働きがあります。
今、このページを見ているあなた・・・
気になるのであれば それは、あなたの潜在意識が望んでいる事なのかもしれません。


ヒプノセラピーで心の扉を開いてみませんか?




---------------

ヒプノセラピー(催眠療法)は、心理カウンセリングの技法のひとつで
表面意識レベルにとどまらず、心の深いレベルでのカウンセリングを可能にするものです。
1955年に、英国医師会がヒプノセラピーを有効な治療法と認め
続いて1958年には、米国医師会と米国心理学会が有効な治療法として認知しています。

日本では、まだ認知度が低いですが
米国や英国では一般的に広く受け入れられていて医療やスポーツ界など
様々な分野で取り入れられています。




催眠状態について


ヒプノセラピーは、セラピストの誘導によって意図的に催眠状態を作り出していきます。
催眠状態とは、心身ともに気持ちよくリラックスしている状態で
周りの音は聞こえてるけれど、意識が1つに集中している状態のことです。
このとき、脳波はα波になっています。


実は私たちは1日のうちに何度も、軽い催眠状態を体験しています。

・ 例えば、お風呂に入ってゆったりくつろいでいるとき
・ お布団の中でウトウトしているとき
・ 読書やテレビに夢中になっているとき
・ 仕事やスポーツに集中しているとき
・ ボーっとしているとき  など

催眠状態というと「意識を失う」とか「眠ってしまう」とか「言いたくないことを言わされる」などと
誤解されがちなのですが、実際には、何か特別なものでも不思議なものでもなく
深くリラックスした心地の良い状態なのです。


では、どうしてセラピー中は、催眠状態になる必要があるか?というと
私たちの意識は、普段の状態では顕在意識が優位にたっているので
簡単には、潜在意識を感じることができません。

ですが催眠状態になり、脳波がα波になると
顕在意識と潜在意識の間にある境界線(クリティカルファクター)が
一時的にゆるむので、潜在意識に繋がりやすくなります。
もちろん、顕在意識もちゃんとあるので
意識を失ったり、眠ってしまう、言いたくないことを言わされるなどということはありません。
催眠状態とは、いわば 顕在意識と潜在意識が共存している状態のことであり
顕在意識よりも潜在意識のほうが優位な状態です。


ヒプノセラピーは潜在意識とつながり
自分の心の内面に目を向けて 探している答えを自分自身で受け取り
深い癒しや気づきを得ていくセラピーなのです。












▲pagetop