ソウルメイトとの再会 【前世療法】


人気のない静かな森の中
私は、山奥の細道を1人で歩いています。
木と木の葉っぱの隙間から、太陽の光が差し込んできます。

新緑の季節。
そよ風が心地良いです。

しばらく歩いていくと、前方に古びた石の階段が見えてきました。
わりと急な石段で頂上は高くて、ここからはよく見えません。
長い階段を、ひたすら登っていきます。


頂上に辿り着くと、そこには寺院がありました。
大きな門があり、扉は開いています。

中に入っていきます。
広い敷地の中には、石像のようなものがあちこちに置いてあります。
おうど色の衣を、まとっている人達が何人か並んで歩いていきます。

坊主頭で、みんな同じ格好

僧侶・・・?


そこで、自分の姿を確認してみると・・・
(いつの間にか)私も坊主頭で、おうど色の衣をまとっています。

私はキレ長の目をした細見の男性で、年は14〜5才くらい、まだ若いです。
ここで暮らしながら、修行をしています。

インドか、中国のあたりかな。
この寺院にやってきて、5〜6年くらい。
なんとなくそんな感じです。

名前は
「チュン・・・」「チュン・・・なんたら」


奥にある、本堂へ向かっていきます。
建物の中に入ると、きらびやかで立派な大仏があります。
すごい迫力に圧倒されます。

合掌をして、僧坊(僧侶の住居)へ移動していきます。

部屋に入ると、ちょうど食事時で、15〜20人くらい集まってきてます。
同年代の仲間たち。 みんな、ここで共に暮らしています。


私も自分の席に座り、食事をとります。

壁に、お釈迦様の絵画が飾られています。
繊細に描かれていて、とても美しい。
なぜか、涙が溢れてきます。

とても落ち着く、神聖な気持ちになれる

私はこの絵画をとても気に入っていて、いつもこうして眺めていたようです。



そこに、同じ年頃の僧侶が1人やってきました。
私の正面に座り、こっちをじーっと見ています。

何なんだろう?
何か言いたい事でもあるのかな?

私も不思議そうに彼を見ます。


彼の気持ちを感じてみます。
「もっと話がしたい、仲良くなりたい
 だけど、いつも落ち着いていて物静かで、話かけられる雰囲気じゃない。
 だから、ずっと声をかけれずにいる」


その後、セラピストさんが
「今のあなたの人生で重なる人はいますか?」と聞いてくれたとき

以前、同じ職場で働いていたTさんと姿が重なりました。
彼女とは、とても気が合って
いつも一緒に話をするのが楽しかった〜!!


今世でも、こうして出逢ってたんだ。
出逢ってくれてありがとう。

ソウルメイトとの再会は
とてもうれしくて、とてもなつかしい。


“ 袖振り合うも他生の縁 ”

通りすがりに、袖が振れ合うくらいの
ほんのささやかな出会いであっても
それは前世からのご縁があってのこと。


出会う人たちに感謝しながら、
共に過ごす時間を大切にしていきたいと思った、前世体験でした。







▲pagetop