亡くなった父の魂との再会 【悲嘆療法】


父が亡くなって、約1年が過ぎました。

小学生の頃に両親が離婚して、
それから後は、父親1人で育ててもらったこともあって
私にとっての父は、父でもあり、母でもあり、良き理解者でもあり
そして、私の夢を一番に応援してくれる人でした。


最愛なる父との別れは
私の人生の中で、最も大きな悲しみの出来事となりました。


だからこそ そこから得られる気づきは、とても深く
今も、私に多くのGIFTを与えてくれます。

どれほど大切にされていたか、どれほど大切な存在だったのか
父のことを思い出すと、いつも心が満たされる。

愛に包まれる。
魂の絆がそこにある。
共に生きることができて幸せだった。


父と一緒に過ごした時間や、残してくれた言葉
数々の思い出が、私の心の財産となっています。


“喪失は悲しみばかりではない”
そのことにも気づくことができました。



だけど、もしできるのであれば
父に会いたい。やっぱり会いたい。

そんな思いを抱きながら
ヒプノの悲嘆療法を体験することにしました。


いつもヒプノセラピストとして
クライアントさまにセッションをさせて頂いているので
マスター(ハイアーセルフ)や亡くなった魂に
会えるということは、よーく分かってるのだけど

いざ、自分がその立場になると
本当に会えるのかな。。会えなかったらどうしよう。。という不安や緊張でいっぱい。
本当に会いたい思いが強いからこそ、胸がドキドキ、手が震えるし
落ち着いていられない。(はずかしいですが)半パニック状態の私(+_+)


今回、改めてクライアント側としての
その複雑な心境も、思い出すことができました。



【亡くなった父の魂との再会】

ヒプノの誘導でイメージの世界へ・・・
そして、亡き父の魂を呼びます。


やってきてくれた父

古びたJeepに乗って、迷彩柄の帽子をかぶり
帽子とおそろいの迷彩の服を着て、いつもと変わらない
あの頃と同じ、笑顔のまま


(私はというと・・・)

言葉がでない
胸がはりさけそう
涙がいっぱい溢れてくる


やっと会えた。どれほど会いたかったことか・・・
こうして会えただけで、もう十分

ただそこにいるだけで、心が満たされる。愛があふれる。
言葉にならない再会のよろこびを、しばらく味わった後・・・


ようやく出た言葉
私 「来てくれたんや?」と声をかけると
父 「おまえが呼んだから来たんや」冗談まじりに笑って答える父

いつものような、自然な会話(ようやくリラックス)


そして、私がずっと気になっていたことを聞いてみることに。
「最後の時間、どんな思いだった?」

すると父は
2人が、両手を握り、何か(感謝の言葉)を言い続けて
泣きながら、別れを惜しんでくれてる。(おまえたちを)育ててよかった



「お父さんの人生ってどんな人生だった?」

いろいろあった。波乱万丈だった。
だけど、(子供を育てて)自分が与えた以上のものを受け取った。
“ 人生捨てたもんじゃなかった ”

父らしい言い方


伝えたかったこと、聞きたかったこと
そして、言葉にはならない思い、その感覚、そのぬくもりを
自分の五感、全てを使って受け取っていく。



お別れのとき・・・
いつもの言葉でお別れすることに。
「気をつけて、またね」

また会えるという願いを込めて。



Jeepに乗って、戻っていく父の後ろ姿に
これからも、いつもいつも、幸せでいてくれますように
深い愛と感謝を送る。


長い闘病生活を終えて、ようやく解放された父
今は健康で、幸せそうでよかった。


Jeepに乗ってきてくれた、父の笑顔が
いつもいつも、私の心の中で感じられます。
きっと、これからもずっとずっと。





▲pagetop