肩凝りの原因 【年齢退行療法】


肩こりがひどいので、少しでも肩凝りが楽になれたらいいな〜
という気持ちで受けた、年齢退行の練習セッション。

セッションを始める前から、頭が少し重くなり
誘導がはじまるときには、後頭部がしびれる。頭が重い。
これはなんだろう? なにが出てくるのかな? と少し不安に思いながらも

身体に埋め込まれている、感情や感覚の原因を探るために
潜在意識は、必要な場面へ導いてくれました。



【肩凝りの原因】

5〜6才の頃の小さな自分。
夜寝る前のひとときの、落ち着いた時間
パジャマに着替えて、弟と一緒に遊んでるところ


あ、お父さんとお母さんがやってきた。
2人とも顔は笑ってるけど、なんかヘン。
嫌な予感がする・・・


「お父さんとお母さん、どっちが好き?」


ああ・・またこれ聞いてきた。


小さな自分は、いつも聞かれるたび
「わからない」とか「どっちもいっしょ」と答える。
だけどまた、しつこく聞いてくる。

時には1人ずつ、時には2人一緒に。


答えたくない。答えちゃいけない。
答えたら何か大変なことが起きる。
子供ながらに、不安を感じている小さな自分。


この質問、大きらい!
もう聞きたくない!
お父さんとお母さんどっちが好き?とか聞かないで!


その瞬間、抑圧されていた感情があふれてきました。



〜さらに深く記憶を掘り下げていくと〜

お父さんとお母さんが喧嘩してる。
二人ともすごい顔して、怒鳴りあってる

その場で立ちすくみ、ただ見ているだけの小さな私。
こわい。どうなっていくんだろう・・・


2人だけの世界に入って、ケンカしている両親に向かって
小さな私は、ずっと言えなかった気持ちを伝える


“けんかやめて”


おびえながら、必死でうったえる。


私の言葉に、お父さんが気づいてくれた。
小さくなって固まり、委縮している私に
お父さんは「ごめんな、ごめんな」と涙を浮かべて声をかけ

肩を軽くトントンと叩きながら、
私の肩の力が抜けるように、やさしくなぜてくれてる


すると・・・
肩の力が抜けていく
身体の力が抜けて、ゆるんでいく。
ほっと安心。

お母さんも「ごめんね」と謝って、お父さんの隣でうなずいてる。


「もうけんかしないから」という両親の言葉をきいて、
小さな私はうれしくて、何度も何度も確認する。
「お父さんとお母さん、どっちが好きってもう聞かない?」


2人とも、うんって言ってくれてる。

よかった。よかった。
お父さんとお母さん、仲良くしてね。


---------


そういえば
お父さんとお母さん、どっちが好き?
っていつも聞かれるのが、すごく嫌だったな〜。

本当はお父さんとお母さんに仲良くしてほしかった。
それが、小さな自分の一番の願い。

大人の自分は、それは現実的には叶わないことだと分かっているけど
当時の小さな自分の気持ちは、
そのときの感情や感覚を持ったまま、そこで時間が止まってる状態。

過去を再体験し
小さな自分の気持ちが、受け止められ癒されていくことで
潜在意識の中では、愛の記憶に変わっていく。

心なしか、肩凝りも少し軽くなってきた感じ(^^)











▲pagetop