自由に遊びたい! 【年齢退行療法】



【自由に遊びたい!】

幼稚園の教室の中
水色の制服を着て、胸には黄色いチューリップの名札。
3才くらいかな、小さなわたし。

図工の時間で、イスに座り
クレヨンで画用紙に絵をかいたり、ハサミでなにかの形に切ったり、のりでぺたぺた貼ったり
みんな、それぞれ自由に作ってる

小さな私も、ごきげんに
赤色の色紙を手に取り、ハサミで切ってお花を作ってる。

先生は1人1人のところへ、まわってきて
話かけてくれたり、ほめてくれたり、時々手伝ってくれたり。


あ、先生。私のところにもやってきた。

先生は、いつも私の手を変えようとする。
左手でハサミを持っている私の手を、右手で持たせようとする。


なんで???
他の子にはしないのに、なんで?
なんで、私だけダメなの?


それまで楽しく作ってたのに、
途中で手を止められたことで、つまんなくなる



(先生の気持ちを感じてみる)
この子は、左利きだから右利きに直してあげなきゃいけない
大人になってからだと直すのがむずかしい、今が大事な時期。
お箸とえんぴつは、だんだん右手を使うようになってきて、自分もうれしい。

楽しく遊んでいるところに、かわいそうだと思うけど・・
母親からも頼まれていることなので、私の一存では決められない。



そこで小さな自分にかわって、大人の自分が
その子がのびのびと自由に遊べるように、先生やお母さんを説得していき〜



そして再び、幼稚園のシーン

図工の時間、作るのたのしいなぁ〜♪ 
左手をつかってても、先生こっちこない〜♪ 何も言わない〜♪


でも、本当かな? 
先生、もしかしたら気づいてないだけかな?
と思いついた小さな自分。


先生に見えるように
わざと、左手でハサミを持ってみる。
わざと、左手でクレヨンを持ち、書いてみる。


でも先生、こっちこない。
こっちみて笑ってる。


すきなようにできる〜♪
誰にもじゃまされない〜♪
たのしいな〜♪


“好きなように遊びたい”

その願いが叶って、満足した小さな自分は
美しい光に包まれて、大人の私の中へ戻りました。





▲pagetop