潜在意識の世界はとても優しく本当に温かな世界

4月にのりこ先生の元でヒプノセラピー基礎講座を受講しました。

子供の頃より思ったことができなかったり、願ったこととは相反するような現実ばかりで、

生き辛さばかりを抱えて生きてきました。

そんな日々の中で「どうしてこうなったのだろう」「なぜ自分はこうなるのだろう」

「自分自身が心底で本当に願っていることは?」「本当の私とは?」と深く考えるようになりました。

 

こういった背景により、本来の自分を知ることができる可能性を求めて催眠療法に興味を持つようになりました。

また人間関係の悩みからも、過去世とも何らかのつながりがあるのでは?と前世療法にも関心を持つようになり、

催眠療法、前世療法の双方に関する本を読み漁ったり、インターネットで調べたりして自己流でやってきました。

 

しかし実際、受講しヒプノセラピーに触れて理解してみると、文章や映像で聞くだけであったこれまでと

のりこ先生から学んでみたヒプノセラピーでは、その神髄の深さが全然違いました。

潜在意識は、これまでの記憶や自分自身の本当の姿である真我、そしてマスターといわれる自分を見守っている

高次元の存在であったり、魂の起源から宇宙のすべての知識にまでつながっている、大いなる存在。

すべては自分自身の中に答えがある、と再認識しました。

 

潜在意識の世界は、とても優しく本当に温かな世界だということが講座で体験できました。

のりこ先生の講座を受けたあの空間は、癒しで溢れていたからです。

潜在意識へいざなうヒプノセラピストとして、クライアントが安心して身を任せられる

包容力のオーラというものを先生より学びました。

 

セラピストはクライアントに指導するのではなく、クライアントの知りたい世界へ誘導する

案内役であるということなんだと。セラピストとしてやっていくその指針や姿勢を教えて頂きました。

これからより多くの人がヒプノセラピーを体験し、心から救われるように願います。

そして私もそのお手伝いができるようになりたいと思います。

TOP